サスペンデッズ オフィシャルブログ

第18回公演『umami』2017年3月18日(土)〜26日(日)@SPACE梟門
チケット発売中です!!http://www.suspendeds.net/
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
サスペンデッズ 次回公演
第18回公演『umami』2017年3月18日(土)〜26日(日)@SPACE梟門 http://www.suspendeds.net/ umamiチラシ表 umamiチラシ裏
サスペンデッズ 前回公演
本公演は終了致しました。 沢山のお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました。-------------- 第17回公演『おせん』 2015年10月30日(金)〜11月1日(日)@シアター711 チラシブログ用 チラシ裏ブログ用
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< 2013年09月14日のつぶやき | main | 2013年09月15日のつぶやき >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
夏の思い出〜蝉地蔵〜
 それで店を出て立ち尽くした。この傷ついたハートを抱えどこに行こうか。ドドールめ。読みたかった本はまだ一ページも読めていない。だがドトールが二軒目だったので、もうコーヒーも飲み飽きたし他の喫茶店に行く気もしない。家に帰るのもなんだか。陽が傾いてきた。う〜ん、公園でも行くか。僕の家のそばにはすごく大きい公園があって、ちょっと涼しい日なんかは木陰で本を読んだりする。いつもは新聞紙を持って行ってそれに腰かけるのだが今日は持ってなかったので100円ショップで小さいブルーシートを買った。いざ公園へ。ちょっと蚊に刺されるのが難点なのだが、とても良いところなのだ。休日でも人がまばらで、なんでこんな良いとこなのにみんな利用しないのかと訪れる度、不思議に思う。僕は大きな木の下にブルーシートを敷いて腰かけた。陽が傾いたせいで心地よい風が吹いている。鳥の声。うん、来て良かった。僕の傷ついたハートも癒されるようだ。いや傷ついたのは僕ではない。あの新人さんの方ではないか。第一あのクーポン券がケーキセットには併用出来ないなんてことは端からわかっていたことじゃなかったのか。それを僕はカウンターが新人さんだったことをいいことに、あわよくばMサイズのコーヒーを掠め取ろうとしたのではなかったか。そんな心理が無意識にでも働いたのではなかったか。なんてせこいんだ僕は。あの新人さんの怯えたような目は大人の信じがたいせこさに触れたときのリアクションだったようにも思う。あしたもう一度ドトールに行こう。そしてもし彼女がいたら謝意を込めて微笑みかけよう。きっと彼女はキョトンとするだろう。気持ち悪いこの人と思うかも知れない。それでも構うもんか。などと思いを巡らしながら、僕は本を開いた。すっかり気分は晴れていた。

どの位たったのだろうか。気付くと僕は本を顔に乗せ大の字になって寝てしまっていた。腕やら足やら蚊に刺されて痒い。もう陽は落ちて辺りも暗くなり始めていた。蚊に刺された足を掻こうとした時だ。脛のあたりになにやらグロテスクな虫がしっかりしがみついている。ひぃっと一声、僕は反射神経でそれを払い落とした。ブルーシートに転がるそれ。しかしあまり見たことない姿の虫だ。いや、どこかで見たような。あ!蝉だ。蝉の抜け殻の中身の詰まったやつ。初めて見たぞ。今まさに何年かぶりに地上に出て来て、僕の脛を木と間違えて上って来たのだ。払い落とされた蝉は我関せず、本能なのかまた木を探して歩き出した。しかし蝉の行く
手には木はない。そっちにはカラスが帰って来て地上に舞い降り群れている。このまま歩いて行ったら奴らにパクッとされて終わってしまうではないか。蝉よ、何だったんだお前の人生は。僕は俄かに責任を感じ、蝉を近くの木に戻してあげた。またまたわれ関せずと木を上っていく蝉。サマになっている。こうこなくちゃ。もう辺りに人影はない。僕は蝉の本来のあるべき姿を見て満足し、彼が無事人生を全うすることを願い、帰り支度をはじめた。結局本は全然読めていないし、台本の構想も進まない。

家に帰ってもうひと踏ん張りしたが、やっぱり台本の作業は進まなかった。布団に入るとあの蝉のことを思い出した。夏の終わりごろ、あの蝉が僕のところへやって来てくれないだろうか。夜更けにアパートのドアをノックする音がする。出て見ると誰もいないが、かすかに蝉の羽音。足元に米やら餅やら酒やらビタミン剤やらユンケルが置いてある。その中に巻物が添えてあって、広げると素敵な台本のアイデアやら演出のヒントが書いてあるのだ。ありがとう蝉!助かった!そんなことが起きないかなぁと思いながら僕は眠りについた。

夢の中で蝉から、せこいよ、それで僕を助けたのかいと責められた。




























| 早船聡 | 早船聡 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
まぁ〜や。 (2013/09/28 4:23 PM)
ご無沙汰しています。
早速ですが、ドトールのお話。
いやぁ〜、ビックリしました...
断るお店もあるのですね。
私も同じように携帯のクーポンを提示し、モーニングセットやケーキセットのホットorアイコをSからMにサイズアップした事があります。それも一度ならず既に何回もしていますよ!!
私だったら絶対困った顔をしながらも、きちんとした回答が得られるまで何気に粘ります(笑)
何にも悪い事なんかしていないのに、そんなに落ち込んだりご自分を責めてはいけませんよ〜
マニュアルが徹底化されていないお店も多々あるそうですし、せめて新人教育くらいは、もう少しキチンとやって欲しいですよね。
「代わりは幾らでも居るんだ」という重圧に耐えながら働いた私達世代から見ると、今は良いよな...って、つい思っちゃいますけれど。
早船 (2013/10/04 5:34 PM)
まぁ〜や様。

お久しぶりですいません。
え、そうなの?!できんの?ああゆう時って謝られてる方が悪いことしたのかなって感じだよねぇ。
今度は頑張ります。自信ないけど。









url: http://suspendeds.jugem.jp/trackback/413